社会的責任

 
 

JM Fitaferは、雇用主団体と良いパートナーシップを持つことがが社会的責任の実践、開発と強化の基本と考えています。しかしそれだけではなく、企業財団、政府、民間企業、非政府組織(NGO)などいろいろな機関の支持をもって、自分たちのプロジェクトを遂行するだけでなく、会社の理念や目的に見合った他組織のプロジェクトもサポートしています。このパートナーシップでは、経済的投資の他に、知識、理念、価値が共有されます。

 

 

   

モラト振興地域文化協会

フランシスコ・モラト町(SP州)の住民の動きから1996年に結成されたNGOです。基本的なインフラの改善、雇用機会の増加、暴力を減らすことによって生活を改善。

モラト振興研修プログラムは徒弟法(法律第10097)を通じて正式な労働市場における若者を就職して配置するためのNGOモラト振興地域文化協会のプログラムです。1年の期間に、本部の教室での活動と、およびパートナー組織企業における実習活動を展開しています。

   

CIEE(学校・企業の統合センター)– レガウ研修プログラム

レガウ研修プログラムは法律10.097/2000法の学習に基づいている仕事の世界に若い人たちの準備と就職を目的とした学習プログラムです。学校・企業の統合センターとロベルト・マリンヨ財団は会社の仕事の世界と並んで専門家を養成するための機会を提供しています。

このプログラムは、若者に教育プロセスの一貫として専門的な訓練を提供しています。プログラムは、2つの単位に分かれています:基本的なすべての構成に共通の単位と、若者の会社での活動の特定の領域に焦点を当てた単位です。研修生との契約は、2年の固定有期限制、最低賃金/時間に基づくもので、有利な条件を持っています。 CIEEは募集、選考及び訓練を担当しています。ロベルト・マリンヨ財団は、プログラムでの教師の初期および継続的なトレーニングにを支援します。

社会的要請と仕事の世界を満たすことを目指して、公共のベンチマーク内専門教育を推進しています。社会のニーズに合わせた優秀さと刺激的な人間と技術開発の中心としての地位を固めることを目標としています。.

   

ETECエミリオ・ヘルナンデス・アギラール博士専門学校(フランコ•ダ•ロシャ)

セントロ・パウロ・ソウザは1969年10月6日に営業を開始しました。しかし、機関の設立のための州教育委員会の最初の会議は、それがサンパウロ工業の拡大に伴う職業訓練が必要となった1963年に行われました。

専門教育に焦点を当てた教育センターを作成するという考えは、ロベルト•デ•アブレウ•ド•コスタは1967年に、サンパウロ州政府に当選し、治めたときから一貫性を得た。

1969年10月には、アブレウ・ソドレ知事は、法律案に署名し、高校、大学技術教育を開発するために設計された独立機関を結成した。

   

スピリティズムセンターわが家 - カサス・アンドレ・ルイス
 
知的障害者に高品質のケア

物語は、わずか23年(生誕1920年、1943年死没)の人生を自宅で発生した会合で"家庭で福音書"に専念したジョン・カスタルデリを中心に展開されます。

彼の死の約1年後の家族は会合を続け、人々に精神的な指導を伝え、常に近い将来には、グループが社会福祉の分野で偉大な使命を実行するであろうことを出席者に伝えていました。時が経つにつれて参加人数は増えて行き、やがて公開会合となった。機関はカサスアンドレルイスの品質システムは、ISO9001:2000の要求事項を満たしていることを証明するヴァンゾリーネ財団によって発行された品質システムの証明書を持っています。

   

ジュケリ州立公園(毎月寄付参加)

ジュケリ農場の領域が州政府、1895年に買収され、連邦政府の介入で精神病院と第一ジュケリ流刑地農場と合併されて、面積は3006ヘクタールに上った。

1989年には、建築家ラモス•デ•アゼベドによって署名されたプロジェクトの実行により、緑豊かなエリアと建築のアンサンブルはサンパウロ州の歴史的、考古学的な芸術と観光業(CONDEPHAAT)の保護のための評議会によって半永久保護地帯となった。

ジュケリ州立公園は、セラード(森林地帯)の永久保存を促進することを目的として1993年に建設されました。

   

ジュケリ精神病院

ジュケリ精神病院はサンパウロ都市圏でフランコ•ダ•ロシャ(旧ジュケリ自治体)に位置するブラジルの最古で最大の精神病院の一つです。ジュケリ精神病院は何十年も停止処理中です。 2005年には、約500人の患者は診療所に移送されました。

政府は、患者、スタッフと住民の市民救助のプログラムを実施した。従業員は専門能力開発コース履修し、患者には、絵画、彫刻、工芸品など芸術的表現が奨励され、少しずつ社会と暮らしに戻る努力がなされています。

  

JotaeMe Fitafer - Rua Miguel Segundo Lerussi, 53 - Parque Industrial - Franco da Rocha - SP - CEP: 07859-390 - Tel: +055 (11) 4443-1100